本を出版する方法

本の出版を目指す人のために、本を出版する方法を解説しています。

出版社選び

企画を編集者に直接売り込む方法

投稿日:

出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。

しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。

もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介はできません(笑)

 

では、どうすればいいのか?

 

一番、オススメなのが、著者の知り合いに紹介してもらうということです。

つまり、コネですね。

編集者は、著者の紹介の場合、むげに断ることはできません。

かなりの確率で企画書を読んでもらえることでしょう。

ただし、その著者が売れた本の著者であることが条件となります。

 

次は、出版記念パーティーや出版記念セミナーに参加をする方法です。

それらの会場が都内であれば、その本を担当した編集者が参加している可能性はかなり高いので、そこで知り合えばいいんです。

もし、参加をしていれば、その場で紹介もされると思いますので、どの人はスグに分かります。

ただし、紹介された直後は、名刺交換の行列ができてしまいますが、そのこには並ばずに、他のアプローチで先方の印象に残る形でアプローチすることを心がけてください。

 

最後は、ソーシャルメディアで知り合う方法です。

これは検索で編集者を調べて連絡するというものではなく、検索で編集者を調べて徐々に距離を詰めていきながら仲良くなっていくというものです。

いきなり連絡すると嫌悪感しかありませんので、注意してください。

 

いずれにしても、相手も人間だということを忘れずに、どうやったら気持ちよく会ってもらえるのか、企画書を読んでもらえるのかということを常に意識してくださいね。

 

ad

ad

-出版社選び

執筆者:

関連記事

出版するなら大手の出版社がいいわけではありません

出版したいと思って、企画書を書いたら、次は出版社への売り込みです。 しかし、売り込む前に、売り込む出版社をどこにするべきかを考えなくてはなりません。   しかし、名のある大手出版社から狙う方 …

出版社選びは、あなたの企画の切り口との相性で決めましょう

私が出版のアドバイスをする場合、あなたが出版したい企画が本になったときに、本屋さんのどこに置かれるのかを意識しましょうとアドバイスしております。 出版企画を売り込む出版社を決めるときも同様です。 &n …