本を出版する方法

本の出版を目指す人のために、本を出版する方法を解説しています。

原稿執筆

効率的に原稿を書き進めるために目次を作り込もう

投稿日:2014年11月1日 更新日:

原稿を前から順に執筆していくと、話しが逸れてしまったり、話しの前後関係がおかしくなることがよくあります。

そのために、最初にスタートとゴールを設定する意味で、“はじめに”と“おわりに”を先に書くことをオススメいたします。

そこを先に書くことで、“誰に”“何を”伝えるために原稿を書くのかが明確に意識付けされるので、大きく話しが逸れることはありません。

 

また、企画書に書いた目次案をしっかり作り込むことで、本の内容を俯瞰して把握することができます。

そのためにも、目次の章・節・項を書き出し、話しの流れを確認し、各項で何を書くのかを先に箇条書きで書き出しておきましょう。

追加や差し替えなどは、必ず、この目次案で行ってから原稿を書くことで、内容の重複なども避けることができます。

 

原稿は執筆することより、この準備をしっかりやる方が、遠回りに見えて、実は近道です。

それさえやっておけば、各項ごとに何文字でこれらについて書くとイメージできますので、書くことに専念できますし、執筆自体の手間は大幅に軽減されることでしょう。

 

ad

ad

-原稿執筆

執筆者:

関連記事

原稿執筆は産みの苦しみ

出版が決まったら、今度は実際に原稿を執筆しなければなりません。   本の体裁などによりますが、一般的な書籍の場合、一冊の文字数として、10万文字が目安です。 初めての執筆で、10万文字の文章 …

原稿執筆をライターに依頼するのもひとつの手段です

原稿執筆は、必ずしも自分で書かなくてはいけないわけではありません。 餅は餅屋に任せるということで、ライターさんに依頼することも可能です。 自分の知り合いのライターさんに依頼してもいいですし、当てがない …