本を出版する方法

本の出版を目指す人のために、本を出版する方法を解説しています。

原稿執筆

原稿執筆をライターに依頼するのもひとつの手段です

投稿日:

原稿執筆は、必ずしも自分で書かなくてはいけないわけではありません。

餅は餅屋に任せるということで、ライターさんに依頼することも可能です。

自分の知り合いのライターさんに依頼してもいいですし、当てがないようでしたら、編集者に相談してみましょう。

 

ライターさんに依頼する場合、だいたい一冊50万円が相場です。

金額は人によって異なりますが、高いからいいとか、安いからダメということはありません。

値段とクオリティが比例しないのがライターさんだと思ってください。

なので、金額で選ぶことよりも、ライターさんとの相性で選ばれることをオススメいたします。

 

また、ライターさんへの報酬は、基本的には印税の中から賄います。

定価や印税率は事前に分かっておりますが、部数は変動することがよくありますので、事前にしっかり確認するようにしてください。

そうしないと、赤字になる場合もありますので、注意しましょう。

 

ad

ad

-原稿執筆

執筆者:

関連記事

原稿執筆は産みの苦しみ

出版が決まったら、今度は実際に原稿を執筆しなければなりません。   本の体裁などによりますが、一般的な書籍の場合、一冊の文字数として、10万文字が目安です。 初めての執筆で、10万文字の文章 …

効率的に原稿を書き進めるために目次を作り込もう

原稿を前から順に執筆していくと、話しが逸れてしまったり、話しの前後関係がおかしくなることがよくあります。 そのために、最初にスタートとゴールを設定する意味で、“はじめに”と“おわりに”を先に書くことを …