本を出版する方法

本の出版を目指す人のために、本を出版する方法を解説しています。

企画の立て方

企画は読者の欲求を満たすか、悩みを解消するかです

投稿日:

多くの読者は、書店に行く動機は、自分の欲求を満たすか、自分の悩みを解消するために行きます。

ということは、出版企画というのは、誰かの欲求を満たす内容にするか、誰かの悩みを解消する内容にしなければなりません。

 

本というのは、受動的に見つけて買われるのではなく、能動的に探し買われる商品です。

つまり、書籍を使って読者を啓蒙することはできません。

なので、しっかりと読者に選ばれる企画を立てるようにしましょう。

 

もちろん、その内容で、自分の目的を果たせるかは考えるようにしてくださいね。

 

そして、内容が決まったら、その内容を求めている人を具体的にイメージして、読者ターゲットを想定します。

ただし、その読者ターゲットが本当にその内容を求めているかをしっかり考えましょう。

 

内容と読者ターゲットが決まったら、その読者ターゲットにどうすれば、その内容が伝われるかを考えてみてください。

それが企画の切り口となります。

 

そこまで決まったら、今度は出版企画書に落とし込んでいくことになります。

 

ad

ad

-企画の立て方

執筆者:

関連記事

出版する目的を決めてから企画を考えよう

出版企画を考える場合、先に出版する目的を考えましょう。 出版の目的を考える場合、どういう本を作りたいのか、出版した本を何のために出版するのか、出版してどうなりたいのかということです。   ど …