エディトリアルデザイン 事務所

*

本の販促は何をしたらいいのか

公開日: : 本の販促

本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。

そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。

 

まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン!

アマゾンキャンペーンについては賛否両論ありますが、私は無名著者ならやるべきだと思っています。

無名著者の本は書店にもなかなか平積みで置かれることも少なく、売れ行きが悪いと返本されてしまい、書店から本がなくなりますので、ますます売れなくなってしまうのです。

では、なぜ、アマゾンキャンペーンなのかというと、アフィリエイトができ、ソーシャルメディアとの連携に優れたアマゾンは紹介されやすいというのがひとつ。

そしてもうひとつが、1クリックで本が買えてしまい、しかも自宅に配送されるため、買ってもらいやすいということ。

アマゾンキャンペーンで結果を残せば、少なくとも出版した出版社には恩返しができますし、それでそこそこ売れれば、その出版社限定になりますが、二冊目につなげやすいということもあります。

また、取次はアマゾンの売れ行きもわかりますので、そこで売れると、他のリアル書店に波及する効果も確認できました。

 

アマゾンキャンペーンが終了したタイミングから一ヶ月は、リアル書店を攻略します。

売上好調店にはご挨拶に伺います。

棚差しになっている書店では、自分で買ってでも回転数を上げて、平積みを目指します。

そもそも置かれていない書店では、何人かで注文をして、置いてもらえるまで頑張ります。

 

一ヶ月後から半年は、平積みしてくれている書店にお礼参りをしていきます。

紀伊國屋を中心に、少しでも平積みが長続きするように足繁く通うようにしてください。

 

注意点としては、事前に必ず出版社の許可を取ってから書店回りをするようにすること。

あとは、あくまでもご挨拶に伺い、売り込みは絶対にしないようにしてください。

最後は書店の担当者とメル友になれるように、コミュニケーションを取るということです。

 

こんな流れで販促活動を行うことで、本は売れるようになっていきます。

 

二冊目、三冊目の時には、一冊目の時の読者や仲良くなった書店員を巻き込んでいきながら販促を行います。

アマゾンキャンペーンを毎回やるのではなく、徐々にリアル書店での知名度を上げて、アマゾンキャンペーンはフェードアウトしていく方向です。

徐々にリアル書店に名前も浸透してきますので、そうなったら出す度に書店員が売ってくれるようになっていくことでしょう。

 

 

ad

関連記事

no image

出版したら必ず販促をしましょう

出版は、本を出したら終わりではありません。 出版した本をたくさんのみなさんに読んでいただいて、

記事を読む

no image

一冊で終わる著者にならないために

出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑