エディトリアルデザイン 事務所

*

原稿執筆は産みの苦しみ

公開日: : 原稿執筆

出版が決まったら、今度は実際に原稿を執筆しなければなりません。

 

本の体裁などによりますが、一般的な書籍の場合、一冊の文字数として、10万文字が目安です。

初めての執筆で、10万文字の文章を書くのは、なかなか至難の業だと思います。

原稿執筆を効率的に進めるためにも、ブログなどをネタ帳だと思って、書くべき内容をあらかじめ書きためておくことをオススメいたします。

 

また、原稿執筆中は、集中して書かなくては、原稿のクオリティを維持することはできません。

そのためにも、原稿執筆の環境や時間を確保できるように前もって準備をしておきましょう。

 

あとは編集者と連絡を密に取りながら、悩んだらスグに相談するようにしてください。

とくに締切に間に合いそうもない場合、早めに相談しましょう。

くれぐれも、締切の直前や催促されてからなど、編集者が対応できないタイミングになってから相談することはさけてください。

 

ad

関連記事

no image

効率的に原稿を書き進めるために目次を作り込もう

原稿を前から順に執筆していくと、話しが逸れてしまったり、話しの前後関係がおかしくなることがよくありま

記事を読む

no image

原稿執筆をライターに依頼するのもひとつの手段です

原稿執筆は、必ずしも自分で書かなくてはいけないわけではありません。 餅は餅屋に任せるということ

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑