エディトリアルデザイン 事務所

*

出版するなら大手の出版社がいいわけではありません

公開日: : 出版社選び

出版したいと思って、企画書を書いたら、次は出版社への売り込みです。

しかし、売り込む前に、売り込む出版社をどこにするべきかを考えなくてはなりません。

 

しかし、名のある大手出版社から狙う方が非常に多いです。

 

もちろん、そんな大手出版社から出版できたら、ブランディングにもなりますし、著者としての格も上がるような気がするのでしょう。

 

でも、よく考えてみてくださいね。

 

大手の総合出版社は、コミックや雑誌、辞書、学習参考書などには強い傾向がありますが、専門書はあまり強くありません。

実際に専門書の棚に行けばわかりますが、そこに大手の総合出版社の名前はほとんど見当たらないというのが現実です。

 

もっといえば、大手の総合出版社は月に何百冊も刊行されます。

皆さんの本は、その何百分の一でしかありません。

あなたが無名の著者であるのなら、その本を出版社が一生懸命に売ってくれるでしょうか?

 

逆に中小の出版社は、月に数冊しか発刊されません。

ということは、あなたの本を大切に売ってくれる場合が多いです。

アットホームな出版社の場合、とくにそういう傾向があり、何年経っても芽が出そうな書籍は一生懸命に売り込んでくれます。

 

あなたの本を書店に展開してくれるのは、出版社の営業さんです。

だとしたら、あなたは、大手出版社から出版してぞんざいな扱いを受けるのと、中小出版社だけど大切に扱ってくれるのと、どちらがいいですか?

 

ad

関連記事

no image

出版社選びは、あなたの企画の切り口との相性で決めましょう

私が出版のアドバイスをする場合、あなたが出版したい企画が本になったときに、本屋さんのどこに置かれるの

記事を読む

no image

企画を編集者に直接売り込む方法

出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAX

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑