エディトリアルデザイン 事務所

*

企画は読者の欲求を満たすか、悩みを解消するかです

公開日: : 企画の立て方

多くの読者は、書店に行く動機は、自分の欲求を満たすか、自分の悩みを解消するために行きます。

ということは、出版企画というのは、誰かの欲求を満たす内容にするか、誰かの悩みを解消する内容にしなければなりません。

 

本というのは、受動的に見つけて買われるのではなく、能動的に探し買われる商品です。

つまり、書籍を使って読者を啓蒙することはできません。

なので、しっかりと読者に選ばれる企画を立てるようにしましょう。

 

もちろん、その内容で、自分の目的を果たせるかは考えるようにしてくださいね。

 

そして、内容が決まったら、その内容を求めている人を具体的にイメージして、読者ターゲットを想定します。

ただし、その読者ターゲットが本当にその内容を求めているかをしっかり考えましょう。

 

内容と読者ターゲットが決まったら、その読者ターゲットにどうすれば、その内容が伝われるかを考えてみてください。

それが企画の切り口となります。

 

そこまで決まったら、今度は出版企画書に落とし込んでいくことになります。

 

ad

関連記事

no image

出版する目的を決めてから企画を考えよう

出版企画を考える場合、先に出版する目的を考えましょう。 出版の目的を考える場合、どういう本を作

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑