エディトリアルデザイン 事務所

*

出版する目的を決めてから企画を考えよう

公開日: : 企画の立て方

出版企画を考える場合、先に出版する目的を考えましょう。

出版の目的を考える場合、どういう本を作りたいのか、出版した本を何のために出版するのか、出版してどうなりたいのかということです。

 

どういう本を作りたいのかを考えるというのは、内容を考えるということではありません。

ベストセラーを狙うのと、自分のビジネスにつなげたいという場合では、企画の立て方が変わってきます。

ベストセラーを狙うのであれば、一般書で出すことを考え、その上で、どうやって売れていくかをイメージすることで、内容や切り口を考えていかなければなりません。

逆に自分のビジネスにつなげたいのであれば、専門書で出すことを考え、“誰に”“何を”伝えたら、読者は自分のビジネスに申し込むのかを考えることになります。

 

また、出版した本を何のために出版するのかは、企画を考えた上で、その本を読んだ読者が自分の目的を叶えてくれるのかもチェックして出版するべきです。

本は出版社が投資をしてくれて実現することなので、自分でしっかり販促を行い、少なくとも投資してくれた出版社に迷惑をかけないようにしなければなりません。

ということは、それだけのことをして売る価値のある内容になっているかということも重要になってくるということです。

 

そして、出版する以上、その本を出版した著者として扱われます。

つまり、その本を出版した著者となったときに、どういう効果をもたらすかもイメージする必要があります。

本は売れればいいということではなく、周りに与える影響を考え、無闇に敵を作るような企画だったら出版しない方がいいわけです。

もちろん、それを覚悟の上であれば、問題ありませんが…。

 

ということで、内容や切り口を考える前に、出版する目的を先に決めましょう。

内容や切り口を考えるのは、その後です!

 

ad

関連記事

no image

企画は読者の欲求を満たすか、悩みを解消するかです

多くの読者は、書店に行く動機は、自分の欲求を満たすか、自分の悩みを解消するために行きます。 と

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑