エディトリアルデザイン 事務所

*

それも商業出版?

公開日: : 出版の形態

印税がもらえる商業出版ということで、皆さん、商業出版に執着されます。

もちろん、商業出版は印税をもらって出版する方法ではありますが、必ずしもそういうわけではありません。

 

何人かの詐欺的出版プロデューサーは、出版の効果を謳い、“1000部買い取り”を前提にプロデュースをされる方もいらっしゃいます。

実際、“1000部買い取り”が可能なら、ほぼ確実に商業出版は可能ですからね。

ただし、だからと言って、必ずしも、それで売れる本を出版できるわけではありませんが…。

 

そういう条件を吞むことを知ると、以下のような出版社も出てくるようになりました。

  • 300万円資金提供したら出版します
  • 印税4%+400部買い取りなら出版します
  • 100万円の資金提供か1000部買い取りで出版します
  • 印税0%+1000部買い取りで出版します

これらの条件を提示してきているのは、全て商業出版の出版社です。

 

もはや、自費出版なのか、商業出版なのか分かりません(汗)

 

そして、大手出版社では、子会社として似た名前で自費出版の出版社を設立しているところもあります。

出版社名を聞いただけでは親会社の大手出版社と勘違いしてしまい、舞い上がってオファーを受けたら自費出版の会社だったということも…。

それでも、その大手出版社の子会社とうことならいいかとお金を払われる方も少なくありません。

 

もしかしたら、今後は“印税がもらえる商業出版”と“お金を支払う商業出版”という細分化がなされるかもしれませんね。

いずれにしても、出版形態を選択する上で、冷静な判断が求められる時代になってきたということは間違いないでしょう〜

ad

関連記事

no image

目的に応じて使い分ける商業出版と自費出版

よく、「印税をもらって出版する商業出版」と「お金を払って出版する自費出版」という二択で比較されること

記事を読む

no image

共著で出版した時の効果

出版を目指していると、さまざまな理由で共著にせざるをえない場合があります。 ただ、共著で出版し

記事を読む

no image

出版の種類を選ぶ本当の基準

出版には、いろいろな形態があります。 代表的なのは、次の3つです。 商業出版

記事を読む


ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 企画を編集者に直接売り込む方法
    • 出版しようと思ったら、編集者に企画を売り込まなければなりません。 しかし、メールや電話、FAXなどでのアプローチでは、ほとんどの場合が門前払いをされてしまうのが現状です。 もちろん、裏技的な方法もありますが、ここでは紹介 […]
    • 編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法
    • 編集者に「ウチで出版しませんか?」と言われたいと思いませんか?   でも、そのためには、編集者に自分の存在を見つけてもらわなければなりません。 では、どうすれば見つけてもらうことができるのか、それは、検索エンジ […]
    • 編集者に企画を売り込む方法
    • 企画書ができたら、今度は売り込みです。 では、どうやって出版社の編集者に企画を売り込めばいいのでしょうか?   方法は2つ。 編集者に直接売り込む方法と編集者に見つけてもらってオファーしてもらう方法です。 &n […]
    • 本の販促は何をしたらいいのか
    • 本を出版したら販促活動をするように言われますが、何をすればいいのか分からないと思います。 そこで、無名著者がやるべき販促について紹介していきます。   まず、本が出たら、アマゾンキャンペーン! アマゾンキャンペ […]
    • 一冊で終わる著者にならないために
    • 出版業界は、売れていない本を出版した著者より、初めての著者の可能性にかける傾向があります。 逆に、売れている著者には、執筆の依頼が殺到します。 ただし、一冊目が売れた著者の場合、二冊目、三冊目が売れなかったとしても、一冊 […]
PAGE TOP ↑